SEOUL FOOD2017に県内企業が出展
作成日 : 2017-06-01 閲覧数 : 8068
SEOUL FOOD2017に県内企業が出展

 
 5月16日~5月19日にかけて、韓国最大の大規模展示場KINTEXでSEOUL FOOD2017(「ソウル国際食品産業大展」)が開催されました。この展示会は今年で35回目。アジアで5本の指に入る開催規模とされ、農林水産物、加工品等の食品に加え、包装機器や食品製造機器等、関連機材も含めた幅広い食品産業に関わる1,382もの企業・団体等が日本、フランス、ベルギー、アルゼンチン、チリ、インド等、世界39か国から参加。今年は4年ぶりに日本貿易振興機構(JETRO)がJAPAN Pavilionを設け、その中に設けた静岡県ブースに、県内企業4社が出展した。パッケージに工夫を凝らしたカレーや、独特の技術(マイクロ波)による乾燥食品製造機材、静岡名産のお茶やサクラエビを原料に取り入れたお菓子や調味料など、4社ともそれぞれ特色のある製品をPRした結果、展示会終了後には具体的な商談の成立の報告も入りました。
 今後も、このような展示会への出展支援等を通じて、県産品の輸出促進に取り組んで参ります。