韓国の受動喫煙対策について
作成日 : 2018-08-03 閲覧数 : 15517
韓国の受動喫煙対策について


  2018年7月18日、日本で受動喫煙対策を強化する「改正健康増進法」が国会で可決・成立したが、韓国では数年前から喫煙対策が進んでいる。
 

   韓国の喫煙対策は、国民健康増進法において規定されている。日本の受動喫煙対策においては、飲食店の面積による例外規定が問題となっているが、韓国の飲食店においても最初から全面禁煙だったわけではなく、2012年12月から段階的に喫煙に対する規制が始まった。2012年12月8日の施行段階では、150㎡以上の飲食店においては喫煙不可であったものが、2014年1月1日には下限が「100㎡以上」となり、2015年1月1日からは「面積に関係なく、全ての飲食店において喫煙不可」となった。

 全面禁煙直後は、飲食店から「客が減少し、財産権を侵害していることから全面禁煙は違憲」といったような裁判もいくつか起こされたが、全て原告側の敗訴となった。現在ではすっかり全面禁煙は定着しており、家族経営のような小さな飲み屋でも店内でたばこを吸う人を見たことはない。ただ、しっかりと囲われた喫煙スペースが少ないため、日本に比べると路上喫煙やたばこのポイ捨てが多いため、今後の改善が望まれる。