韓国改正労働基準法施行~労働時間短縮へ~
作成日 : 2018-07-18 閲覧数 : 5110
韓国改正労働基準法施行~労働時間短縮へ~


   韓国では7月1日から、週7日間の労働時間の上限を現行の68時間から52時間に短縮することを柱とする改正労働基準法が施行された。

   雇用労働部によると、今回週52時間の労働時間上限が適用されたのは従業員300人以上の企業、国及び地方自治体であり、従業員50~299人の企業は2020年1月1日から、5~49人の企業は2021年7月1日からの適用。今回の法改正は、若年層(15~29歳)の失業率が高止まりしている状況を踏まえた対応で今後の動向が注目される。

 なお、経済協力開発機構(OECD)加盟国基準で2016年の韓国の1人当たりの年平均労働時間は2,069時間。これは、OECD加盟国の平均1,763時間に比べ306時間も多い。年間平均労働時間が最も多い国はメキシコの2,255時間であり、2位はコスタリカの2,212時間、韓国は3位の2,069時間であった(日本は1,713時間の6位)。反対に平均労働時間が最も短いのはドイツの1,363時間。このほかデンマークが1,410時間、フランスの1,472時間となっている。