KIMES 2018 (韓国国際医療機器展)に出展
作成日 : 2018-04-02 閲覧数 : 1677
KIMES2018 (韓国国際医療機器展)に出展

  
  3月15日から18日にかけて開催された韓国最大級かつ世界5大医療機器展である「韓国国際医療機器&病院設備展示会(KIMES2018)」に静岡県としては初めて県ブースを設置し、県内企業の商談支援を実施しました。    
  静岡県ファルマバレープロジェクトを紹介するとともに、出展企業の商品群である気管内チューブ用コイル、カテーテルワイヤー、医療研究用超精極小コイルについて商談を行いました。来場者の質が高く、多数の具体的商談が行われ、県韓国事務所はブース代支援とともに、商品規格翻訳や通訳の手配、商談の支援などを行いました。

  韓国の医療機器輸入市場の伸長率はH25年~H29年の5年間で平均4.6%、また、韓国内における輸入先上位国は①米国、②ドイツ、③日本であり、日本は医療機器輸入額全体の11%(350億円)を占めます(経済産業省)。
  対韓の医療展開は、医療機器生産額全国1位の本県にとって有望な業界でもあるため、現地ニーズの高い医療機器・サービスの発掘及び県内企業支援を今後も続けて参ります。

○第34回韓国国際医療機器・病院設備展示会
      (34th Korea International Medical & Hospital Equipment Show) 
・開催期間:2018年3月15日(木)~18日(日) 

・開催場所:COEX展示場(ソウル特別市) 
・出展者数:34カ国、1,300社(うち日本企業53社) 
・来場者数:7万人(78カ国・地域)
・出展商品:医療機器・部品、外科用機器・器具、物理療法用器具、内科用・耳鼻科用・眼科
       用・歯科用機器・器具、病院用設備、救急用品、医療情報システム、ヘルスケア
       機器、リハビリテーション用機器など